制作実績

中村正人戯曲集 展覧会の絵

構築された世界は読み手によってそれぞれ異なり、深いものとなる。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779009624
判型
A5・440ページ
出版年月日
価格
2200円(税込)

目次

内容紹介

セカンド・ラヴ
認知機能の障害――そのとき、家族とは? 愛情とは?

ふたり
ひとつに統合されたようにみえる多重人格。最後のシーンでたったひとり、佇んでいるのは一体誰なのか。そしてそれは、本当に「ひとり」なのか。

リモコン・ブリュイ
アンドロイドたちの世界になった未来に、愛と平和はあるのか?

ルスヴール
「知らずに擦れ違ってるかも知れないんですよね、弟の心臓と」

展覧会の絵
一枚の絵をめぐる混乱。時間、空間、確かなものなど何も存在しない。

■著者紹介
幼少の頃から音楽に親しむ。6歳からヴァイオリンを佐伯俊氏に、タップダンスを鈴木ひろみ、鈴木馨、中野啓介の各氏に、日本舞踊を花柳絵美舞、花柳寿絵美鳳の両氏に、声楽を山口孝子、トム・ボレン、村田健司の各氏に師事。浜松シティーオペラ所属。「劇団からっかぜ」および「劇団テクノポリス」に所属し俳優・演出を手掛けたのち現在フリーで活動中。

本書の一部あるいは全部を、著作権者の承認を得ずに無断で複写、複製、あるいは上演することは禁じられています。

■トピックス
「日経新聞」(2013年4月21日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。