制作実績

老いのリスク管理

老年期を主体的かつ積極的に生きるために必要なトラブル防止法

ジャンル
単行本 スポーツ・ホビー
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779009259
判型
4-6・172ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

序章 老いのリスク管理とは何か
第一章 心と身体のリスク管理
第二章 日常生活のリスク管理
第三章 財産と生活資金のリスク管理
第四章 遺産と相続・贈与のリスク管理
第五章 遺言書と遺産配分のリスク管理
第六章 終末期のリスク管理

内容紹介

高齢者人口が増加の一途を辿っている現在の日本。今日、老年期の心と体の問題や老後の財産設計は、まさに社会が必要としているタイムリーなテーマです。本書では、公認会計士である著者が、財産と生活資金の管理、認知症への備え、有効な遺言書の作成、葬儀やお墓など、実例を挙げながらやさしく紹介・解説します。さらに、「心と体のリスク管理」と題して、家族(とくに配偶者)との関係をどう維持していくかという点についても、自身の豊富な人生経験をふまえてアドバイスしています。老後のことは、「家族がいるから大丈夫」と、放っておいて後悔しないために。元気なうちに考えておきたい、準備しておきたい老年期の暮らし方がこの1冊でわかります。

■著者紹介
昭和14年1月生まれ。北海道真狩村出身。中央大学第二商学部卒業。公認会計士。元・大手監査法人代表社員。著書に歌句集『終の枕』がある。

※電子出版された2018年2月現在の経歴です。

■トピックス
「日経新聞」(2013年2月24日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。