制作実績

日本でも中国でも成功する日中合弁会社のつくりかた

中国人の思想が理解できない日本企業は失敗する。

ジャンル
単行本 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779008900
判型
4-6・264ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

序 章 私の日本経験
第1章 日中合弁会社に関する考察
第2章 日中金型産業の概況と日中合弁金型会社の概要
第3章 合弁会社の組織、経営方針と経営戦略
第4章 合弁会社の人事管理
第5章 合弁会社の生産管理
第6章 財務管理と税務管理
第7章 企業文化
第8章 合弁会社のコンプライアンスと監査
第9章 ケーススタディ──「合弁会社の経営環境の変化に対する研究」
付 録 煙台美通模具有限公司の合弁契約書

内容紹介

中国で日中合弁の金型鋳造メーカーを創立し、見事成功に導いた凄腕中国人社長のノウハウを公開! 会社設立、工場建設、社員募集、人事、生産、品質管理や政府との折衝などを一手に担ってきた著者だが、道のりは順風満帆ではなかった。中国経済の高度成長、リーマンショック、原材料及び賃金上昇、人材流失など、日中合弁会社はトラブルも2倍。それでもやる価値はある。あらゆるトラブルを経験し、それを解決してきたからこそ、「信頼」が生まれ、ビジネスが回り出す。中国人の考え方を正確に理解し、「日本式」を無理なく導入していくと、利益の上がる会社ができあがるのだ。北京大学にてMBA学位を取得し、現在は大阪国際大学で経営情報学の博士号取得を目指す「努力の人」が成功の秘訣をはじめて明かす。中国、日本双方の認識の間違い、誤解、偏見を取り除くコツや、知っておくべき中国の法律、中国で高品質を実現する秘策も伝授する。

■著者紹介
1959年10月1日、山東省煙台市に生まれる。中国煙台三和・代表取締役。中国魯東大学・客員教授。大阪国際大学大学院経営情報学研究科・博士課程。1982年に日本語の通訳として中国山東省家電研究所に入社。中国中央広播電視大学卒業後、日本の通産省日中人材交流委員会の中国人技術研修生として、豊田市のアルミ鋳物会社で1年間技術研修を受ける。1995年、烟台路通精密合金有限公司の董事長(代表者)に就任。1997年、株式会社CMEの代表取締役社長に就任し、2001年に日本二輪車大手のヤマハ発動機の金型部門のメルコと合弁会社を設立(社長就任11年)。2008年、北京大学中国経済研究センターEMBA学位取得。2010年、大阪国際大学大学院経営情報学研究科・博士課程。2000年、シンガー日鋼よりミシン設備を買収し、中国に搬入。中国でアイシン精機、デンソー、本田、ヤマハ、小島プレス関係の金型、鋳物、樹脂部品を製造。

■トピックス
「日経新聞」(2012年10月21日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。