制作実績

病気にならない人が無意識にしていること

≪3刷出来≫
交感神経を一瞬高めれば、病気とストレスは逃げていく

ジャンル
単行本 暮らし・健康・子育て
シリーズ
増刷 その他
著者
・著
ISBN
9784779008870
判型
4-6・202ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第1章 病気にならない人はここが違う
第2章 病気にならない人は、自律神経を操っている
第3章 これで心と体は守れる
第4章 最高の健康法はあなたの体が知っている

内容紹介

特別な健康法や食事、運動をしているわけでもないのに、病気になることなく、健康で毎日いきいきと暮らしている人がいます。なぜ病気になる人とならない人がいるのか、その秘密は、交感神経の使い方にありました! これまでの医療では副交感神経が免疫力を高めることに注目されてきましたが、まずはよい交感神経の高め方を学ぶ必要があります。なぜ足首を回すだけで健康になれるのか、悩んでいた頭痛が治るのか、近い将来常識となるであろう自律神経のコントロール法を記した画期的な書籍です。

体のバランスと自律神経を整えれば病気にはならない!
・健康の合図は「スッキリ」!
・病気の原因は「ゆがみ」で説明できる
・脚を動かせば噛み合わせがよくなる?
・心の病も体と自律神経を整えれば改善する
・交感神経は、簡単に刺激できる
・寝る前、起きた後の5分の運動で健康になる
・健康に必要なのは少しの知識と多くの実践

■著者紹介
1963年生まれ。神戸市在住。兵庫県立尼崎北高校、大阪歯科大学卒業。医療法人岡田歯科医院院長。噛合わせ、顎関節症の治療に際し、自律神経を利用した治療に注目。診療のかたわら、東京・名古屋・神戸などで精力的に講演活動を行う。

■トピックス
「神戸新聞」(2013年1月11日)で紹介されました。
「日経新聞」(2012年12月9日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2012年11月4日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。