制作実績

彼方

切実な老いのかたちを克明に描いた問題作!

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779008832
判型
4-6・164ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

平穏な老後などやってこなかった―。満州でのある少女との悲劇的な初恋、マレー半島での壮絶な戦闘、帰還してからの平凡な人生……。七十歳を目前にし、迫りくる死への恐怖とまだ枯れない「性」に苛まれる佐伯。ある日、場末の映画館で偶然知り合った男から、かつて遊郭で働いていたという中年の女を紹介される。互いに好意を抱いた二人は、奈良のある寺に行くことに……。過去の幻影と欲望に翻弄される男の生き様を通じて、老いゆく者の「生と性」への激しい執着を描き、生きることの根源に迫る。

■著者紹介
1921年、北海道生まれ。東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。論説委員として天声人語や社説を執筆。その傍ら執筆活動を開始。『うまい!といわれる文章はどう書くか』(KKベストセラーズ)が30万部を超えるベストセラーとなる。小説作品として、『夜は明けない』(第44回直木賞候補作)、『朝の黄昏』(文学界新人賞候補作)、『君臨』(芙蓉書房)、『さらばカルメン―ひとりぼっちの反戦抵抗』(日本文学館)など多数。その他、藤田保健衛生大学教授、朝日カルチャーセンター講師を務めた。

■著書
『マゼランの首』(2012年8月小社刊)

■トピックス
「社会新報」(2012年9月12日)で紹介されました。
「日経新聞」(2012年8月19日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。