制作実績

蠢動

殺しても、殺しても決して消えることのない殺意の連鎖。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779008689
判型
4-6・360ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

内容紹介

隠密捜査官・大利家戸清一が命じられた任務は、今から半世紀以上も前、ある地域を牛耳っていた寺の悪行を暴く特命。時を同じくして、過去に清一が調査している住職によって殺害された一族の末裔が、復讐のために住職の子孫である二人を殺害する事件が起きた。引き寄せられるように結びつく二つの事件。そこには、かつて儀式という名のもとに行われていた夜這い犠牲者の煩悶と、妾の悲哀があった。忘れ去られることのない怨恨が、時を隔て殺意に変わり、闇の中の犯人を浮かび上がらせた。 50年前の放火殺人事件と数々の寺の悪行。知るものはみな口をつぐむ忌まわしい過去に、隠密捜査官・大利家戸清一が迫る。 隠密捜査官シリーズ待望の第3弾!

■著者紹介
1949年生まれ。青森県出身。著書にシリーズ『隠密捜査官』『追尾』(ともに小社刊)がある。本作はシリーズ第3弾。

■著書
『追尾』(2011年7月小社刊)
『隠密捜査官』(2009年11月小社刊)

■トピックス
「日経新聞」(2012年9月23日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。