制作実績

歌集 北へ漕ぐ舟

希望の光を求めて、海を渡れ!

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779008139
判型
A5・144ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

内容紹介

平成二十三年三月、地球のプレートのひずみに耐えきれず、海底の地殻破壊にそのエネルギーを放出した地震と津波が、東日本を襲った。さらに福島第一原発の事故も追い打ちをかけるようにして日本列島に三重の災害がひとときに押し寄せた。これら未曽有の災禍の中で、しのぎ、助け合い、ともに立ち上がる東北の人たちには、人類の将来にもたらすひと筋の希望の光が見える。古来、この列島に渡来し定住した民族は、互いに協力しながら、自然をなだめ利用し崇拝してきた。彼らの精神は特に北の大地に色濃く息づく。その遺産をこの歌集では東北から北海道へとたどることにより、3.11後の世界の理想の姿を考える。

1939年、鹿児島県種子島に生まれる。1968年、東京教育大学(現・筑波大学)大学院、農学研究科修了。2004年3月まで東京都板橋区役所勤務。

『歌集 忘らえなくに』(2014年2月小社刊)
『花と散りにし 保元の乱を詠む』(2013年2月小社刊)
『歌集 秋津島逍遥』(2010年9月小社刊)

「読売新聞」(2012年3月4日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。