制作実績

坂本龍馬と幕末維新

≪2刷出来≫
土佐暗躍――。
龍馬はなぜ殺されたのか。

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
増刷 その他
著者
・著
ISBN
9784779007453
判型
4-6・354ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

第一章 変革の兆しと新時代の波
第二章 開国で揺れる幕藩体制
第三章 土佐特有の事情と軋轢
第四章 龍馬と危急存亡下の長州
第五章 龍馬、徳川幕府を見限る
第六章 山内容堂の思惑
第七章 龍馬、最後の国事に奔走

内容紹介

武士が役人と化し、武士本来の役目が果たせず封建社会が崩壊した幕末において、維新の原動力となった坂本龍馬。だが、龍馬暗殺後、維新の生き残り達は皆、沈黙し、明治十六年、坂崎紫瀾が「汗血千里駒」で坂本龍馬を描くまで誰も坂本の存在には触れなかった。

それは一体なぜなのか。

山内容堂が繰り広げた土佐藩での凄惨な粛清、諸藩が幕末維新の中で果たそうとしたもの、そこから浮かび上がる龍馬の類まれな人生と暗殺の理由。
京都見廻組、新撰組、薩摩藩、いったい龍馬暗殺犯は誰なのか……。
諸説に終止符を打つ最後の坂本龍馬伝。

■著者紹介
昭和21年9月5日山口県防府市出身。山口県立下松工業高等学校電気科卒業。株式会社金指造船所設計部入社し、本社清水工場勤務となる。昭和50年清水市議会議員選挙出馬し当選。議員在籍5期20年。その間、清水市議会副議長、清水市総合計画特別委員会委員長、清水市都市計画審議会会長、清水市消防審議会会長、清水サッカー協会参与などを務め、議員在籍中、議会人として一貫して議会での論戦を貫く。主に総合計画・都市計画・治水対策・スポーツ振興などに取り組む。

■トピックス
「日経新聞」(2013年12月8日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。