制作実績

花びらをむしられても

「しあわせ」の種が心に芽吹き、生きる力が湧いてくる詩50篇

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779007200
判型
4-6変・112ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

内容紹介

<春の光があたるとね 何もかも眠たくなってくるんだよ それは冬の苦しさを忘れるため――「春の光」より>
<しあわせっていいな ふうせんみたいに 青空にとんで みんなのところに とんでいけ――「みんなのしあわせ」>
日常の片隅にひそやかに息づくちいさなものたちを見つめ、書き綴った詩集。普段見過ごしがちな、ものごとの裏にあるもう一つの面を、子供のように素朴で繊細な目線でとらえた50篇の詩が集められている。言葉のひとつひとつが、現代人の疲れた心の襞にじんわり染み込み、改めて人と人との「絆」の大切さに気付かされる。この本を贈りたい大切な人の名前も書きこめる欄があり、プレゼントブックとしてもおすすめ。

■著者紹介
1978年東京生まれ。幼いころから詩作に励む。

■トピックス
「日経新聞」(2011年7月24日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。