制作実績

社会保障大国日本 VER.1.0 PRACTICE

≪4刷出来≫
社会保障の産業化がこれからの日本を救う!

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
増刷 その他
著者
・著
ISBN
9784779007149
判型
4-6・304ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

内容紹介

日本は、資本主義が必然的にぶち当たる壁に世界で最も早く直面している。長期にわたる景気後退、少子化、超高齢化、低所得化は、まさにその象徴だ。これらを世界に先駆けて解決していくことが、日本に課せられた使命なのではないだろうか。私たちは今こそ、自らの歴史を自らの手でつくり上げていくという意思を持つ必要があるのだ。「我が国日本を社会保障大国にすることによって、少子高齢化が原因で生じる数多くの世界中の問題を解決すること」をモットーに、筆者は介護や福祉の社会サービス事業の経営や運営、事業の拡大、海外への展開、新業態の開発、フランチャイズシステムの導入、本部機能のイノベーション、新システムの開発などを日々実践している。「社会保障大国日本The Ultimate Social Service from Japan(究極のソーシャルサービスは日本から)」の実現のために、常に想い、考え、行動する介護現場上がりの気鋭の企業家による渾身の提言。

■著者紹介
社会問題をイノベーティブな事業で解決する社会的企業家。夢は社会保障大国日本をつくること。ライフテーマは「Change the Society !」。1975 年11 月生まれ。明治学院大学社会学部卒業。1998 年から社会福祉施設の現場介護業務、相談員業務、管理運営業務、経営等に従事。2004 年に夜間対応型の小規模デイサービス(通所介護)を行う施設を埼玉県で開設し、起業。認知症ケアの不整備、社会的入院の長期化、家族の介護負担増大、介護従事者の給与水準低位推移、景気低迷による低所得化、国家財源の枯渇等の問題を解決するために、2007 年から夜間対応型の小規模デイサービス(通所介護)を「茶話本舗(さわほんぽ)」というブランドでフランチャイズ化し全国展開中。2012 年6 月1 日現在、夜間対応型小規模デイサービス(通所介護)茶話本舗チェーンとして北海道から沖縄まで全国571 事業所〈従業員数:約4,000 人、利用者数:約13,000 人、売上高:約185 億円(いずれもチェーン全体)〉を整備。2012 年度からは、茶話本舗のさらなる質の向上と事業展開に取り組みながら、クリニック併設型のサービス付高齢者向け賃貸住宅や訪問介護、訪問看護、保育等の事業を新たに開始。現在、台湾、中国への進出を始めている。Ustream 番組「僕らのNippon(http://www.ustream.tv/channel/ 僕らのnippon1)」を主催し毎月2 回放送中。

【Facebook】http://www.facebook.com/hideaki.fujita
【Twitter】https://twitter.com/#!/HideakiFujita

[現職]
株式会社日本介護福祉グループ(代表取締役会長)
株式会社 Care Station Japan(取締役)
社団法人茶話介護研究所(理事)
社団法人日本介護ベンチャー協会(事務局長)
財団法人霞が関政策研究所(理事)
株式会社 Clotho(取締役)
株式会社 Caihome(取締役)
社会福祉戦略研究所株式会社(代表取締役)
株式会社スカイヤーズ(顧問)
社団法人介護事業操練所(上席顧問)
介護志士之会(主宰)
Complete Garage RE-Sanai(代表)
社団法人介護維新会(応援団長)
NPO 法人もんじゅ(応援団長)
介護甲子園(応援団長)

■トピックス
「日経新聞」(2012年7月22日)で連合広告が掲載されました。
「朝日新聞」(2012年7月11日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。