制作実績

歴史の闇研究会

始まりは旧海軍軍人が記録した謎の兵器文書だった。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779006685
判型
4-6・312ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

内容紹介

歴史の闇の研究を目的とした東都大学サークル「歴史の闇研究会」。メンバーの宮神飛鳥、長倉愛美、緒方駿は、第二次世界大戦末期に海軍省軍務局によって研究された生物兵器の文書を手掛かりに、地図上に存在しない小笠原諸島「零島」と兵器施設の発見を研究目標とする。闇に葬られた歴史の真実をめぐる冒険が始まる!

■著者紹介
1978年福岡県生まれ、東京都育ち。明治大学卒。公認会計士事務所勤務を経て、本作品で本格的に小説家デビュー。

■トピックス
「朝日新聞」(2011年4月3日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。