制作実績

鍬の戦士

大東亜戦争時、青春を満蒙開拓青少年義勇軍に捧げた青少年達の軌跡。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779006494
判型
4-6・352ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

内容紹介

昭和13年、日本は満州農業移民計画という国策を立てた。その対象者は、満14歳以上で、徴兵適齢未満の農村部の青少年達である。戦争末期の昭和19年、長野のある農村部に生まれ育った長田信一は、長男でありながら国策に共鳴し、渡満を志す。信一をはじめとする総勢200名は、国内での訓練を終え満州に渡った。彼らは「満蒙開拓青少年義勇軍」と呼ばれる。この頃、戦局は日本に極めて不利な状況にあった。そして迎えた昭和20年8月9日、ついにソ連軍は満州への侵略を開始。信一たち義勇軍には、苦難な逃避行と、悪環境下の収容所生活が待っていた。国策という名のもとで、青少年達は何故満州に渡らねばならなかったのか。短い命を賭した意味は何だったのか。実話をもとに描かれた小説だけに、細かい描写はリアルに心を打つ。戦争の悲劇を、青少年達の視点で描いた力作。

■著者紹介
京都府在住。

■トピックス
「日経新聞」(2010年12月5日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。