制作実績

潜在力を引き出す「気」練功

霊場・秩父の山岳修行により生まれた気功の秘奥をまとめた入門書。

ジャンル
単行本 スポーツ・ホビー
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779006258
判型
4-6・204ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第1章 気功の理論と実践
第2章 身体を支える「気」の力(山中流医学論)
第3章 秩父仙人物語(私の修行体験)
第4章 解脱への道
第5章 光の神による聖戦
第6章 出神への道
第7章 勝利者として生きる

内容紹介

長年の修行により、著者独自の気功を体系化した入門書。著者は、霊場として知られる埼玉県秩父の出身。幼い頃に奇怪な体験をして以来、常人ではない力が宿っていることに目覚める。以来、さまざまな修行を重ね、知識を習得し、30歳にて独自の気功術を身につける。全6章立ての本書には、〈山中式〉気功の理論と実践、解脱をする方法、自らの体内にある神を出す「出神」の法などを紹介。なぜ人は心理的な病にかかるのかといった原因究明から、気功による健康法までを体系化している。究極的には、誰しも体内にもっているという「神」を、「気」によって放出することを目指しているという。これまで気功を体験した人、気功について興味のある人必見の一書である。

■著者紹介
昭和30年、秩父に生まれる。現在55歳。小学一年生のときに大けがをして高熱を発する。以来、不可思議な現象を体験する。20歳頃に東京に出て、都内各所で気功仲間と錬功を開始。33歳、深大寺縁起絵巻より出神を学ぶ。35歳、出神クラブを発足。観音霊場に開く。40歳、漏尽通に至る。40歳~50歳、約10年の漏尽通を経験する。50歳、光の聖戦を経験する。漏尽通の中より神通の法を学ぶ。52歳、喜楽地、業じゅく体、原始仏典十地に至る。53歳、出神クラブ、気功学師会を発足。気功吉祥アートを始める。五蘊階空(色受想行識)より解脱。現在、出神クラブ再発足のため準備中。秩父市在住。

■トピックス
「日経新聞」(2011年2月20日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。