制作実績

詩集 森の時間拾遺

花に魂を抜き取られた男の物語。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779006067
判型
4-6・112ページ
出版年月日
価格
1047.2円(税込)

目次

内容紹介

故郷・熊野の野山に咲く草花。控え目ながらも色とりどりの美しさは多感な少年の心をとらえ、60年を越える時が過ぎてもその記憶は胸を熱くする。赤い柿に死を思い、芙蓉咲く彼岸の夢を見た少年の日々。そして人生の円熟期にある今、ささゆりの、かつてその乙女のような美しさを独り占めにした思い出に、絶滅への危惧よりも優越感を覚えて心は打ち震える。45種類にわたる植物を通して人間の生と死を見つめ、自らを生かしてくれたふるさとへ感謝を捧げる、ノスタルジックでシニカルな詩文集。

産婦人科医師。1936年、和歌山県に生まれる。1959年、大阪大学薬学部卒業。1963年、神戸医科大学(現神戸大学医学部)卒業。1964年、米国空軍病院(立川)インターン終了。約4300の分娩と3000近い手術を扱う。現在なお現役。モットーは「女性の生涯を見渡しての医療」。著書『遺伝子』(思潮社)、『まぼろしの渓』(朔風社)、『もっと膣式手術を』(永井書店)、『マタニティドクター、命への限りない愛』(新水社)、『胎児たちのサバイバル』(神戸新聞総合出版センター)、『森の時間 山の遊び―熊野残影』(幻冬舎ルネッサンス)。

『渓流釣り師のひとり旅』 (2011年5月小社刊)
『森の時間 山の遊び―熊野残影』 (2009年12月小社刊)

「日経新聞」(2010年7月25日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。