制作実績

ピンクの雨

震災で壊れたものは、家族の絆。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779005220
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

内容紹介

神戸が割れた日、私は家族を失った。そして自分自身も―。震災で母親を失った少女が英国へ渡り、十二年ぶりに神戸へ帰郷。翌年、異母妹とめぐり会い、異母妹の「彼氏」として十三年ぶりに父親との再会を果たした彼女の目的とは、いったい何か? 阪神・淡路大震災から復興を遂げた神戸を舞台に、孤独と闘いながらも、ひたむきに生きてきた主人公の自己再生と真の家族愛を描いた物語。

■著者紹介
甲南女子大学大学院博士後期課程文学研究科英文学専攻を満期退学後、甲南女子大学非常勤講師を経て上智大学文学部新聞学科に編入学。同大学卒業後、上智大学大学院に進学するが、実家の事情により退学。現在は神戸の空の下で次回作を構想中。

■トピックス
「神戸新聞」(2015年1月22日)で紹介されました。
「月刊 KOBECCO」(2014年3月号 vol.630)で紹介されました。
「毎日新聞」(2010年2月3日)で紹介されました。
「読売新聞」(2010年1月11日)で連合広告が掲載されました。
「毎日新聞」(2009年12月31日)で紹介されました。
「読売新聞」(2009年12月22日)で紹介されました。

テキストのコピーはできません。