制作実績

地方分権の失敗 道州制の不都合

≪2刷出来≫
地方分権や道州制の導入はバラ色だけとは限らない。

ジャンル
単行本 社会・政治
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779004469
判型
4-6・242ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

第一章 政府とは何だろうか
第二章 地方分権はなぜ望ましいか
第三章 地方分権に失敗はないか
第四章 国・地方の役割分担をどう考えるか
第五章 道州制論議で何を論議すべきか
第六章 道州制になると地方は幸せか

内容紹介

地方分権も道州制も魔法の制度ではない。必ずしも地方が潤うわけではなく、また地域間格差がなくなるわけでもない。更に広がる可能性すらある。新しい制度さえ導入すればすべてが解決するというような素朴な議論を超えて、実りのある議論をするには、地方自治のベースとなる経済学的な見地からの検討が必要である。こうしたこれまであまり触れられてこなかった「お金」の問題を真正面から取り上げ、中央政府から地方政府への権限を含めた財源の移譲をどのようにするか、制度設計をするための基礎資料を提供する。

1955年2月、山口県生まれ。同志社大学文学部社会学科卒業、関西学院大学大学院社会学研究科修士課程修了/社団法人中国地方総合研究センター地域経済研究部長などを経て、2002年11月から広島大学地域経済システム研究センター教授、2003年4月から同センター長/地域経済学、地域産業論専攻/日本地域学会、応用地域学会、公共選択学会、日本計画行政学会、環境経済・政策学会、中四国商経学会に所属/共著として『都市移住の社会学』(世界思想社、1994年)、『地域政策の道標』(ぎょうせい、2002年)/広島県戦略的産業活力活性化研究会会長、中国経済連合会道州制検討部会副主査、中国圏広域地方計画学識者会議委員、広島大学道州制研究会事務局長など。

■著者ホームページ
広島大学地域経済システム研究センター

「中国新聞」(2009年11月2日)で連合広告が掲載されました。
「河北新報」(2009年10月11日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2009年9月20日)で連合広告が掲載されました。
「AOTOMA」(2009年4月 No.29)で紹介されました。
「西日本新聞」(2009年4月4日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2009年3月22日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。