制作実績

はりまや橋をわたって

十五の春、巣立ちの時。精一杯強がるしかなかった。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779003554
判型
4-6・180ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

かつて日本の経済発展を支えた「金の卵」たち。彼らは中学を卒業するとすぐに親元を離れ、都市部の工場に集団で就職した。その旅立ちの時を高知駅前広場でじりじりと過ごしている少女がいた。家族と別れる不安、新しい暮らしへの希望、すべてがないまぜになり、彼女は見送りに来た家族との会話もままならずにうつむいたまま。そして、あまり言葉を交わすこともなく家族との別れを迎えた。新天地へ向かうバスの中で止むことがない「金の卵」たちの泣き声に、思わず抑えていた涙がこぼれる。飲んだくれの父親、家族の家計を内職で支える母、小さな妹や弟たちとも本当に別れてしまったということがやっと現実として身にしみた。泣きながら家族の中での自分を思い出す。「私は家族の輪に入っていない……」。それが、彼女なりに考えた自分の親離れのための理由だった。自立の道を歩み始めた少女の十五歳から十八歳、三年間の心の葛藤を描いた青春小説。

1947年高知県生まれ。集団就職で都市部の工場に勤務した後、様々な職業に就く。その間に通信制高校、大学を卒業し、現在定時制高校教諭。

ハイブリッド型総合書店 honto(ホント)
電子書籍のメガストア PDABOOK.JP
総合電子書籍ストア Book Live!
電子書籍の総合書店 ビットウェイブックス
SONY Reader Store ※専用端末が必要です。
TSUTAYA GALAPAGOS ※専用端末が必要です。

「asahi.com MY TOWN 高知」(2009年1月6日)で紹介されました。
「朝日新聞(高知版)」(2009年1月6日)で紹介されました。
「徳島新聞」(2008年11月12日)で紹介されました。
「高知新聞」(2008年11月12日)で紹介されました。
「愛媛新聞」(2008年11月12日)で紹介されました。
「四国新聞」(2008年11月12日)で紹介されました。
「高知新聞」(2008年11月1日)で紹介されました。
「日経新聞」(2008年8月24日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。