制作実績

ベイサイド・アイ

食人鬼、それは恐ろしくも悲しい運命を背負う者。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779003127
判型
4-6・288ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

プロローグ
歯型と闇のバイヤー
怖い話と飛ぶ警官
匂いとストーカー
霊視と恐怖の冷蔵庫
名医と名探偵
蒔絵の箱と首洗い女
誓いと武田の埋蔵金
不死身の男と秘薬
古都鎌倉と怖い初恋
食人鬼と夏の思い出
永遠の美女と鬼武者
鬼の涙と雷神
エピローグ

内容紹介

次々に起こる女子学生失踪事件。彼女達が失踪する理由は見当たらない。誘拐だとしても身代金の要求もない。警察の捜査が行き詰まりを見せていたとき、富士の樹海近くの駐車場で倒れている女性が保護された。彼女によると男女二人組に拉致されたのだという。「もう一人女性が監禁されている」という言葉に、現場へ急行する刑事と探偵事務所「ベイサイド・アイ」の小林。そこには不快な臭いが立ち込めていた。そこで彼らが見たものは、天井から吊るされた3人分の肉塊と、台所に残された臓器だった。犯人は鬼の末裔か? それとも欲にとりつかれた人間か!? 科学と超能力を駆使して真実を暴く、ホラーミステリィ。

■著者紹介
東京都生まれ。神奈川県横浜市在住。

■トピックス
「神奈川新聞」(2008年8月3日)で紹介されました。
「日経新聞」(2008年6月22日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年5月25日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。