制作実績

古代思想と世界認識

古事記、法華経義疏、易経を中心にその深淵なる世界を探る哲学書。

ジャンル
単行本 人文・思想
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779002908
判型
4-6・200ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

第一章 「古事記」と「法華経」と「易経」の謎
第二章 「古事記」にひそむ「易経」の論理世界
第三章 抽象の具象支配
第四章 共通する世界構図

内容紹介

日本最古の歴史書である古事記編纂にあたって、編纂者である太安麻呂は何を参考にしたのか。この謎解きから、著者の無限なる「智」の世界は広がっていく。著者曰く、太安麻呂は、編纂当時、すでに易経を知っていたのではないか、と推論する。易経の知識を用いたことで、これだけの古典文学をまとめることが可能になったというのだ。その根拠を随所に見出しながら、古事記に隠されたもうひとつの世界へと読者を誘ってくれる。しかし、内容は古事記だけに限らず、法華経義疏や易経を中心に理論展開がなされている。極めて難解な内容であると同時に、著者独自の表現が多用され、加えて量子論や宇宙論、相対性理論などにも触れながら、無限の「智」の世界が本書で形成されてゆく。今は故人である著者が、長年にわたって研究を重ね、最後に世に問おうとした、人生最大の集大成である。

■著者紹介
昭和14年1月1日生まれ。39年 東京大学経済学部卒業、同年、セキスイ化学に入社。45年 東京大学印度哲学科修士入学。56年 臨済宗陽山派 苧坂光龍老師下 大事了華 内装業を営む。平成19年10月永眠。享年68歳。

■トピックス
「読売新聞」(2010年4月3日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。