制作実績

夢想の峯々

孤高の山旅人としての人生を選んだ著者が綴る渾身のエッセイ。

ジャンル
単行本 旅行
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779002892
判型
4-6・328ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

内容紹介

奥秩父、焼岳、富士山などの山に挑戦してきた孤高の山旅人がそれぞれの山への思いを綴ったエッセイ。
「人はなぜ山に登るのか」を自らに問いながら、山を愛し、山を愛しみ、山から試練を与えられてきた著者が、我が山とともにあった人生を回想する。山と真摯に向き合うならば山は必ず何かをもたらしてくれる。山と向き合うことで、本当の自分、新しい自分に出会ってきた。単独での山登りでこそ体感できる山の醍醐味を味わえる山中想記。また、姥捨て山伝説などその風土と自然を独自の視点で紹介している。

■著者紹介
1946年埼玉県飯能市生まれ。
高校の頃より登山を始め、卒業と同時に秀峰登高会に入会。奥多摩のつづら岩での宙吊り事故(23歳)を契機に単独行、放浪する。
1974年10月~1975年7月:中央アジア、中東、インドを放浪。1977年5月~1980年10月:北米、南米、アフリカなど世界74余国を放浪。51歳から登山を再開し、現在に至る。

■トピックス
「日経新聞」(2008年2月17日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。