制作実績

偶然力

「偶然力」は株価予測や資産運用に応用できる!?

ジャンル
単行本 科学・テクノロジー
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779002700
判型
A5・272ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

内容紹介

本書では偶然と必然の織りなす世界を可能な限り科学的に分析。
近年「偶然性」の問題は、デリバティブ(金融派生商品)や株価予測、資産運用に利用するために注目されている。経済への利用が可能になったのは、気体の運動のような不規則な動きも、確率微分方程式を使うことで法則性を発見することが出来たことによる。より正確な予測が可能になったことで、学問の世界から日常の「宝くじ」「ギャンブル」「ジャンケン(グー・チョキ・パーの法則)」「サッカーくじ」の必勝法に至るまで、「偶然」の利用法の応用範囲が広がった。
来るべき未来世界「ユビキタス社会(何時でも、どこでも、誰でも、どんな情報でも手に入る社会)」への応用を示唆し、最先端の確率論も、よく身につく科学エッセイ集である。

■著者紹介
1938年大分県生まれ。株式会社日立製作所勤務を経て、宇宙・人間・科学技術等をテーマとした著作活動を展開している。主な著書に『壮大なる実験』『複雑系の窓』の他に、「覆水盆に返る」を主張、現代物理学に新しい法則の可能性を示唆した『新第二法則は存在するか』(幻冬舎ルネッサンス刊)がある。

■著書
『自己組織化力』 (小社刊)
『新第二法則は存在するか』 (小社刊)

■トピックス
「日経新聞」(2008年2月17日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。