制作実績

母からの贈りもの

母の病気を機に、離れていた双子の姉妹と兄が絆を再認識する物語

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779001789
判型
4-6・176ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

鳥取県鳥取市で生まれた双子の姉妹。子供の頃、家の事情から、姉は親元に、妹は父方の親戚の家に引き取られ、二人はよく似た「いとこ同士」として育った。後に本当は双子の姉妹と分かったが、お互いそれぞれの家庭も持ち、それぞれの生活を送っていた。母が大動脈瘤という病気になったことをきっかけに、離れて暮らしていた双子の姉妹と兄の三人が、母という共通の大切な人を支えることで、家族の絆を再認識していく。母の看病をする中で見えてきたお互いの性格や母への愛情。外の桜を写真に収めて見せてあげる兄、母が食べたいといった島根の竹の子を探す妹、何かあったらすぐに駆けつける著者の姉。皮肉にも母の病気を機に、今ようやく親子水入らず、血のつながった兄弟との普通の関係が築けた気がしていた。そんな中、母の大動脈瘤は進行していた。

■トピックス
「毎日新聞(夕刊)」(2007年8月14日)で紹介されました。

テキストのコピーはできません。