制作実績

サルゴン Ⅰ ―天下をとった捨て子―

世界初の帝国「アッカド帝国」を建国した英雄サルゴン、この物語は彼がまだ建国を目指す前の若い頃のお話。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344993310
判型
4-6・392ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第一章 捨て子の若者とウルカの出世
第二章 再び捨てられた捨て子とウルイニムギナの野望
第三章 恋に目覚めたサルゴンとウンマ・ラガシュ戦争
第四章 ルガルザゲシの弟子サルゴン
第五章 泥沼のウンマ・ラガシュ戦争と独り立ちのサルゴン

内容紹介

庭師アッキの拾い子シャラクは、キシュ王のウル・ザババに側近として取り立てられ、若き日を過ごした。それらの日々は「晩酌人」としてだけではない、書記の仕事、語学の勉強、周辺諸国の情勢を聞くなど、後の彼を作るための日々でもあった。しかし、身体の成長に伴い、ウル・ザババの寵愛を受けることが出来なくなり軍隊へ入隊。しかし、結果的に裏切る形で軍を離れて、ライブムの元で諜報員となる。彼はそのとき“サルグン”と名乗っていたが、後に知人ビスカイに再会の日を経て「サルゴン」へと生まれ変わる。
時を同じくして、後にサルゴンに打ち倒される事となるウンマ王ルガルザゲシは、都市国家ラガシュとの戦いの最中にあった。その最中、サルゴンとルガルザゲシはウルク王宮にて邂逅する。
後に彼らが戦う運命にある事を、この時の彼らは知る由もない。

■著者紹介
大久保和展(おおくぼ かずのぶ)昭和43年4月21日生まれ。平成5年静岡大学大学院光電機械工学専攻修士課程修了後、同年富士写真フイルム株式会社入社。平成21年に退職し、現在、文筆活動に勤しむ。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。