制作実績

花咲くベースボール 女子硬式野球物語

女子硬式野球創設の軌跡を描く、感動のノンフィクション!

ジャンル
ノンフィクション スポーツ・ホビー エンターテイメント
シリーズ
新刊
著者
・著 濱本光治・著
ISBN
9784344974937
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

1995年8月、「日中親善高等学校女子硬式野球大会」として日本初の女子硬式野球大会が開催された。出場校は日本から2校、中国から1校という小規模な大会であったが、女子硬式野球の歴史の幕開けであった――「女子に硬球は危険」「女の子の体に痕が残ったらどうするのか」と白い目を向けられながらも、私財を投げ打ち命を削り、女子硬式野球創設に奮闘した四津浩平。彼の意思を引き継いだ6つの高校の女子硬式野球部、選抜大会開設の立役者となった兵庫県市島町民たち、「女子硬式野球の先駆者」として、プレーに励む球児たち……。日本の女子硬式野球創設の裏側を描く、感動のノンフィクション小説。

 ■著者紹介
Motoko Iinuma
飯沼素子

東京都生まれの千葉県育ち。県立船橋高校および千葉大学卒業。卒業と同時に㈱婦人生活社に勤務し、のち㈱世界文化社へ。一貫して婦人誌作りに携わる。結婚、出産後、もっと子育てに時間をとりたくてフリー編集者に。息子が少年野球を始めたことから野球雑誌の仕事を始め、女子野球の取材は平成20年から。情報があまりにも少ない女子野球界を憂え、平成23年より軟式から硬式、子どもから大人までの情報を発信するウェブサイト「がんばれ!女子野球」を運営。

Mitsuharu Hamamoto
濱本光治

昭和31年(1956)、広島県呉市生まれ。崇徳高校卒業(野球部在籍)。千葉商科大学商経学部卒業(日本傳拳法道部在籍)。昭和53年、佐藤栄学園・埼玉栄高校に英語科教諭として奉職し、同校硬式野球部コーチに。昭和57年、花咲徳栄高校の開校に伴って異動し、硬式野球部、空手道部監督を経て平成13年、女子硬式野球部監督に就任。平成19年から平成国際大学女子硬式野球部監督に。平成28年定年退職。現在、一般社団法人全日本女子野球連盟副会長、全国高等学校女子硬式野球連盟代表理事、全国大学女子硬式野球連盟理事長、関東女子硬式野球連盟副会長。

テキストのコピーはできません。