制作実績

幕末の刀匠 源清麿

現代も刀愛好家を惹きつける刀工の一生を綴った歴史大作

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344973893
判型
4-6・448ページ
出版年月日
価格
1980円(税込)

目次

内容紹介

信州の郷士の次男として生まれた山浦環(清麿)は、兄・昇が持ち帰ってきた刀に圧倒的な衝撃を受けた。二人は互いに切磋琢磨しながら、そして別々の道を歩みながら、至高の刀の完成を目指す。
やがて、妻を郷に置いて一人江戸にやってきた環は、その地鉄と刃文の美しさから名工としてその名を轟かせはじめる。四谷に鍛冶場を構え、理想の刀造りへと心血を注ぐ彼は、いつしか「四谷正宗」と呼ばれるようになり…。

■著者紹介
斎籐鈴子(さいとうすずこ)
1932年、源清麿について研究していた父親・一郎のもとに生まれる。1964年に発行された『刀工源清麿』(徳間書店)が第52回直木賞候補作となり、一躍注目の的に。
訪星珠(ほう せいじゅ)として『占星学実践講座』(魔女の家BOOKS)、『つきあい方がわかる相性占い』(二見書房)など多数の占星術専門書籍を執筆している。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。