制作実績

「サステナ企業」という戦略 100年企業・高島の流儀

企業のサステナビリティ=持続可能性に必要な条件とは何か。100年企業、高島株式会社の持つ”流儀”にその答えはあった。

ジャンル
単行本 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
新刊
著者
小畑隆史・著
ISBN
9784344972957
判型
4-6・256ページ
出版年月日
2015/9/18
価格
1400円+税

目次

第1章 信念と行動の創業者(1915年代~1930年代)
第2章 苦難の時代を耐え抜く(1930年代~1950年代)
第3章 「脱繊維」から多角的専門商社へ(1950年代~1960年代)
第4章 高度経済成長下の業容拡大(1960年代~1970年代)
第5章 技術革新に即した体質転換(1970年代~1980年代)
第6章 バブル景気の光と影(1980年代~1990年代)
第7章 景気悪化への対応に苦慮(1990年代~2000年代)
第8章 サステナの先進商社へ(200年代~2015年代)
対談 坂本光司氏×高島幸一氏
附録 高島株式会社の100年(1915年~2015年)

内容紹介

企業の経営継続性(サステナ)を実現するためには、環境変化に適応して守るべきものと変えるべきものをうまくバランスさせながら、自ら変革し続ける――進化適合することが重要である。
100年企業・高島株式会社が生き残りをかけて創り出した歴史的叡智――それこそが「7つの流儀」である。
インテグリティ(誠実一筋)/レジリエンス(復活力)/進化適合/
ウィンウィン(共存共栄)/財務の健全性/堅実経営/ダイバーシティ(多様性)
現高島株式会社代表取締役社長高島幸一氏と日本で一番大切にしたい会社シリーズ(あさ出版)で知られる法政大学大学院教授坂本光司氏によるスペシャル対談つき

テキストのコピーはできません。