制作実績

大連から

戦後の混乱、文化大革命、日中友好と激動の時代の中で、中国人男性と結婚した残留日本人女性・佳江。愛する人々に支えられながら、少女は生きることの美しさと痛みを知り、やがて日中の懸け橋となっていく――

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344972872
判型
4-6・192ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

アカシアが美しい中国・大連。終戦ののちほとんどの日本人が引き上げた中、あえてこの地にとどまり中国人の男性と結婚し激動の時代を生き抜いた残留日本人女性がいた。やがて訪れた日中友好の流れの中、彼女は病をおして日本語教師になり、日中の架け橋としてかけがいのない存在となるが、それを支えたのは家族との深い愛情だった。表題作ほか、震災・原発事故の傷がさめやらぬ日本で、高校生二人が中国との往還を経てたくましく成長する様がまぶしい「つなぎ手」、死を前にして己の生の意味を問う武士の姿が印象的な「家路」を収録。生へのいとおしさと人との絆の大切さが心に沁みる感動の小説集。

■著者紹介
埼玉県草加市の生まれ。熊本大学法文学部国語国文学科を卒業し、その後、1989年から1991年まで派遣日本語教師として、中国・大連外国語学院に勤務する。現在は高等学校の教師として子ども達に勉強を教えている。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。