制作実績

中世の逆修信仰 戦国と丹後

戦国の世、人々は死後の平安をみずから祈願せずにはいられなかった。

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊 これから出る本 その他
著者
・著
ISBN
9784344971783
判型
A5・180ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

内容紹介

戦国期、この明日をも知れぬ不安定な時代に、身分を問わず人々は生前に法事を行った。これを「逆修」という。子が生存する親のために、妻が健在の夫のために、などの形で逆修は営まれた。そもそも平安中期の貴族が、生前盛大な仏事を行ったのが始まりで、鎌倉時代に入ると盛大な仏事より、逆修を修した証として碑などに刻むようになった。その石造物は板碑を始め、五輪塔、宝篋印塔、石灯籠、自然石などで特に形は決まっていない。丹後地方に現存する多くの逆修信仰の痕跡を通じて、中世の人々の死生観に迫った画期的な研究書。

テキストのコピーはできません。