制作実績

茶屋川物語

なんでうちだけ、こんなに悲しいことが続くんやろうな

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940536
判型
4-6・240ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

無人駅
殺ぎ竹
茶屋川物語

内容紹介

――退学、大地震、大切な人たちとの別れ。
たった一人で苦境に立ち向かう少女ふくが見つけた、生きる理由とは。
戦中戦後の若者たちを通して、
自分らしく生きることを諦めない尊さを描いた全3篇。
時が流れても変わらず相手を想い続ける富士子、
愛する人へ罪悪感から究極の答えを選択する美雪、
自分よりも大切な、守りたい存在を見つけたふく、
時代の大きな変化のなかで、
自分らしさを貫き続けた人々の愛おしさに光を当てた短編小説集。

■著者紹介

天春勇(あまがすいさむ)
1930年、三重県生まれ。旧制富田中学校卒。
元、月刊ずいひつ同人、文芸潮流会員。


あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。