制作実績

パパだからデキる子育て術

柔軟な思考と多くの失敗が子どもの未来をグンと広げる

ジャンル
実用書 暮らし・健康・子育て
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940529
判型
文庫・176ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第1章 パパの育児参加の意義
第2章 ママの代わりをしようとしない
第3章 パパがやるべきこと
第4章 パパの育児テクニック
第5章 子育ては子どもが産まれる前から始まっている
第6章 子どもが産まれてからのパパの活躍
第7章 仕事と子育てのバランス
第8章 楽しい育児

内容紹介

がん・難病と闘いながら双子を育てた著者による家庭教育メソッド
大好評の子育て本 パパ視点の新刊!

 

・子どもの能力を大人が奪っている!?
・“手伝ってあげようか?”はNGワード
・理想のパパはそんなにすごくない
・育児・家事を頑張っているのに、ママが喜んでくれないのはなぜ?
・成功したときではなく、努力して失敗したときに褒めてあげる

 

企業のマネジメントと教育現場での気づきから体系立てた実践的教育論

■著者紹介

鬼木一直(おにきかずなお)

東京工業大学6種(建築系)に入学、大学2年次に応用物理学科に転籍、理学部同学科卒業。大学院に進学し超低温物性物理の研究を行い、第ゼロ音波の観測に成功、東京工業大学修士課程理工学研究科修了。

ソニー株式会社入社1年目にハードディスク垂直記録方式の薄膜磁気ヘッドの記録再生確認に成功、その後、世界初の大型液晶ディスプレイ、愛知万博出展50m×10mの超巨大レーザーディスプレイデバイス、消費電力ゼロの水循環を利用した厚さ1ミリ以下の薄型ヒートパイプ、超高周波ミリ波伝送による大容量データ伝送デバイスなど数多くの開発に携わる。

その間出願した特許件数は43件に及ぶ。
また、開発マネージャとして多くの人材育成を行った後、2014年から、東京富士大学経営学部准教授、2017年に同教授。大学広報室長、メディアセンター部長、図書館長、入試広報部入試部長、IR推進室長などを歴任。

大学広報室長を務めていた2015年に、本学は社会人としての実務経験を学生のうちから身につける『実務IQ教育』を提唱、社会人基礎力を高める実務教育を積極的に推進している。

現在は15歳の長女と9歳の男女の双子を子育て中。海外訪問国は100か国以上。
(所属学会)日本教育情報学会、日本保育学会、日本乳幼児教育学会、観光情報学会など
 「A 12×5 Two-Dimensional Optical I/O Array for 600Gb/s Chip-to-Chip Interconnect in 65nm CMOS」というタイトルで半導体のオリンピックと言われるInternational Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2014に採択。また、「アウトバウンドが増加しない原因に関する情報分析と旅育の効果」というタイトルで、2017年観光情報学会第十五回研究発表会優秀賞を受賞。

 

〈保有資格〉公益社団法人私立大学情報教育協会 サイバーFD研究員、ICTプロフィシエンシー検定協会公認試験官、有機溶剤作業主任者、特定化学物質等作業主任者、局所排気装置等定期自主検査者、特定高圧ガス取扱主任者、全国珠算教育連盟一級、全日本スキー連盟準指導員、全日本スキー連盟級別テストC級検定員、サッカー4級審判員、PADIダイビングライセンス
〈著書〉『デキる社会人になる子育て術~元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方』単行本 2020年、文庫本 2022年 (幻冬舎)

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。