制作実績

幸村のむすめ

伊達藩の白石城主 片倉家16代当主・片倉重信氏、推薦!!
片倉小十郎の家系に隠された真実の歴史。
この小説には「如何に生き残るか、命をかけた本当の戦い」が描かれている。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940512
判型
4-6・244ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第一章 阿梅という少女
第二章 片倉小十郎重綱の使命
第三章 お方さまの江戸行き
第四章 徳川の世を生き抜く知恵
第五章 阿梅の方の誕生
終 章 亡きお方さまの手紙

内容紹介

日本一の兵と呼ばれる父の娘に生まれた少女・阿梅の力強い命の輝きと、
戦中戦後を生きぬいた人びとを描いた感動の時代小説。

 

真田幸村のむすめ阿梅は、父の敵将であった伊達家の重臣、

片倉家に養われる身となった。
12歳の少女は異郷の地でおのれ一人の力を頼りに、周囲の信頼を得て

確乎たる地歩を固めていく。
さらに4歳の弟大八が残党狩りの嵐の中を落ちのびてくる。
露見すれば伊達家をも揺るがす重大事。彼の命はいかに護られたか。
匿うことを決断した伊達政宗。周到な布石を置いた片倉小十郎景綱。
勇猛果敢にして熱情の小十郎重綱。片倉領の産業に力を尽くす重綱の正室お方さま。
激動の時代に生きた命の群像。

■著者紹介

伊藤清美 (いとうきよみ)
1938年旧満州(現中国東北部)生
1961年東北学院大学卒 仙北鉄道株式会社入社
数回転職後1981年 横浜市に司法書士事務所を開設
2005年引退 カルチャーセンター小説講座を受講
横浜市在住

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。