制作実績

1973 青山ココパームス

難しくなければ運転じゃない!

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940499
判型
4-6・216ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

1. プロローグ

2. 車社会の行く末はどこ

3. 世紀の発表イベント

4. 初めてオートマに乗る

5. ラジオも付いていない、エンジンが売りのスカイライン

6. 初めてのV6、しかもターボ

7. 悲劇の大雪 国産初の280馬力 わずか走行30キロで傷だらけ

8. V8エンジン搭載もキャラ変失敗?

9. "魑魅魍魎"の極み

10. 世界一美しいクーペ BMW3.0CSIのオーナーになる

11. 人生最後のマニュアルトランスミッション 最初で最後の6MT

12. クルマの価値観って何だろう? 日本人の価値観に合わせるのはそんなに難しいのであろうか?

13. MT(マニュアルトランスミッション)への熱い想い

14. マニュアルトランスミッションのクルマはもう絶滅危惧種!

15. "藕断糸連" 日産に対する特別な思い

16. "換骨奪胎" トヨタに対するさらなる思い FUN TO DRIVE ETERNALLY

17. マニュアルトランスミッション大国トヨタ あえて、世の中に"逆走"するトヨタのクルマ作り GRヤリスに乗ってみたい! でも無理か

18. 水素自動車がガソリン車にとって代わる可能性は?

内容紹介

人間の左足はクラッチを踏むためにある。

マニュアルトランスミッション愛好家の著者が、

古き良きガソリン車の魅力を圧倒的な熱量で語り尽くす。

 

個性的なエンジン音、排ガスの臭い、車体の振動、

ギヤチェンジする時のシフトノブの感触、左足クラッチの微妙なタッチ…

これだからガソリン車はやめられない!

EVが花形とされる今だからこそ届けたい、

日本のモータリゼーション絶頂期、百花繚乱の1970年代を生きた著者の魂の叫び。

■著者紹介

櫻井馥(さくらいかおる)

昭和29年8月10日東京生まれ

昭和53年早稲田大学文学部日本美術史科(仏教美術)卒業

昭和53年~昭和60年までサラリーマン生活を送る

昭和60年~現在まで家業の繊維製品卸売業の会社を経営

18歳で自動車運転免許を取得し、現在まで内外の15台を超えるクルマを乗り継いできた。

難しいけれど楽しいマニュアルトランスミッションのクルマを愛し、現在でも6速マニュアルトランスミッションのクルマに乗っている。左足でクラッチを踏むのが面倒くさいと思うようになったら免許返納と決めている。

クルマと奈良のお寺(仏像)と午年なので競馬を愛する67歳です。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。