制作実績

恋終わりの雨が7の日に降る確率

ある日を境に、夢で“視点”を共有しはじめた玲人と奏空。

その不思議な現象が、古来伝わる「恋姫伝説」と関係しているらしいと知った二人は――。

短冊への願いが巻き起こす、一途で無謀な七夕ロマン。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940116
判型
文庫・268ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

序章 冷たく壊れた姫君の夢

1章 まやかしの織姫と彦星

2章 夢見た過去

3章 すれ違う二人

4章 一途な姫君の罪、そして報い

5章 天罰と催涙雨

終章 恋姫に告ぐ――、

内容紹介

【神映湖の恋姫伝説】

およそ千年も昔、とある村に愛し合う男と女がいた。

しかしイジワルな天の神様がお告げをする。

『男は別の娘と結ばれるのが相応しい』と。

奇しくもその日は七月七日――七夕の日だった。

愛する人と引き裂かれた娘は、このような運命の者は自分で最後だと、人々の恋を助けるようになる。

そして娘はいつしか恋の神様、「恋姫」と呼ばれるようになっていったのであった。

■著者紹介

安桜砂名(あざくらさな)

愛知県生まれ。

趣味は旅行とカフェ巡り。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。