制作実績

Anstaltspsychiatrie病院精神医学症例集 第1巻 司法精神医学・犯罪学

なぜ、その犯罪は起きたのか――。

ジャンル
医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344940062
判型
B5・938ページ
出版年月日
価格
4620円(税込)

目次

内容紹介

日本犯罪学会、日本司法精神医学会、国際犯罪学会世界大会等で発表された60の重大犯罪症例を収録。

“患者”が引き起こしたとされる事件の原因を、神経生理学や精神病理学的見地はもちろん、脳波計量解析なども用いて詳細に分析した犯罪精神医学研究の決定版。

 

・妻、娘、父、父の内妻の4人を殺害した男性の脳波と脳奇形

・強盗殺人、死体遺棄で死刑確定した男性の神経生理学的鑑定

・てんかん(精神運動発作型)の朦朧状態における両親殺害

・双極性障害Ⅰ型と考えられる症例の治療経過

……ほか

■著者紹介

石川 文之進(いしかわ ぶんのしん)

1949 年 3 月 大阪帝国大学医学専門部卒業

1952 年 9 月 石川医院(診療所)開設

1955 年12 月 医療法人大恵会石川病院院長就任

1958 年 5 月 医療法人大恵会石川病院分院に勤務

1961 年 4 月 東京大学医学部精神神経科研究生入局

1962 年 5 月 医療法人報徳会宇都宮病院理事長就任

1971 年 5 月 医療法人報徳会宇都宮病院院長就任

1984 年 4 月 医療法人報徳会宇都宮病院院長兼理事長辞任

社会福祉法人報徳会特別養護老人ホーム「葛生ホーム」、社会福祉法人大恵会特別養護老人ホーム「今市ホーム」、「ひかりの里」、医療法人報徳会報徳看護専門学校、医療法人報徳会宇都宮病院付属准看護学校、医療法人報徳会付属平畑静塔記念介護老人保健施設「陽南」、医療法人報徳会付属援護寮「みなみ」、精神障害者地域生活援助グループホーム、学校法人大恵会石川幼稚園等を創設。医学博士。

 

【論文】

Harada, S. Ishikawa, B: Possible protective role against alcoholism foraldehyde dehydrogenase isozyme deficiency in Japan, Lancet, ii: 827, 1982.

ほか、約300 の医学研究論文を発表。

 

【著書】

『静塔文之進百物語─俳句と精神医学真蹟集』近代文芸社、2004年

『アルコール症─病院精神医学の40年』メディカル・ジャーナル社、2003年

『精神医学と俳句』幻冬舎ルネッサンス、2008年

「続・静塔文之進百物語」栃木県文芸家協会総合文芸誌「時代」33〜36、40 号。

ほか多数。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。