制作実績

子どもから大人まで 誰もがわかる大病の回避術

あなたの体の「いつもと違う」放っておいて大丈夫?
「最近なんだか疲れやすい」「急に腰が痛くなった」
大病の予兆は、ほんの小さな自覚症状から始まっていた——。
体の危険信号を逃さず、大病の兆候を見極めるポイントを医師が解説。

家族で使える予防医療の入門書。

ジャンル
医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344938274
判型
4-6・200ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第一章 必要な医療
第二章 大病という災害
第三章 自覚症状の捉え方5
第四章 自覚症状の機序
第五章 バイタルサイン
第六章 発熱と感染症
第七章 倦怠感
第八章 重要な自覚症状
第九章 局所症状
第十章 早期診断
第十一章 大病の予防
第十二章 例外のない医療
第十三章 症状、病気、疾患の捉え方

内容紹介

・胃腸炎が治りにくい、右下腹部が痛い
・赤ちゃんが発熱して、「ミルクを飲まない」「抱っこするといやがる」

「ぐずりながらすぐ眠ってしまう」
・咳が二か月以上続く
……etc.
こんな時、「たいしたことない」と、無視していませんか?
家族の健康を守る大病の回避術48条。

■著者紹介

山本雅一(やまもと まさかず)

1991年 茨城県立土浦第一高校卒業
1992年 山形大学医学部入学
1999年 山形大学医学部附属病院 血液内科 医員
同 年 山形大学大学院医学系研究科入学
2010年 公立置賜総合病院 血液内科 科長
2019年 山形大学医学部附属病院 第3 内科 血液内科 助教
2021年 山本ファミリークリニック開院

 

資格:医師、医学博士、総合内科専門医指導医、血液内科専門医、糖尿病療養指導医、

   がん薬物療法専門医、骨髄バンク調節医師。悪性リンパ腫に対する化学療法の研究に従事。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。