制作実績

自己とは何なのか?  意識・自我・心についての神経科学的考察

正体不明の存在“私”に迫る

ジャンル
学術書
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344936584
判型
新書・152ページ
出版年月日
価格
990円(税込)

目次

第1章 意識とは
第2章 医学的意識(第一の意識)
第3章 気づいているという意識・クオリア(第二の意識)
第4章 内省する意識・自我(第三の意識)
第5章 夢
第6章 精神疾患
第7章 「我」「心」とは?

内容紹介

人生の岐路に立った時、誰もが一度は「自分はどんな人間なのか」と考えるのではないだろうか。
知っているようで、実は知らない「自分」とは――。
京都大学名誉教授の著者が、神経科学の視点から意識・自我の実態を探る。

■著者紹介

平野丈夫(ひらのともお)

東京大学理学部卒業、東京大学医学系研究科博士課程修了
医学博士、理学博士
東京大学医学部助手、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部研究員、群馬大学医学部講師、京都大学医学部助教授、京都大学大学院理学研究科教授(平成29年4月から平成31年3月まで京都大学理学研究科長、理学部長)を経て令和3年4月から京都大学名誉教授

主な著書
「脳と心の正体:神経生物学者の視点から」東京化学同人、2001年
「何のための脳? AI時代の行動選択と神経科学」京都大学学術出版会、2019年


あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。