制作実績

勤務医にこだわる~私の進化型総合診療構想~

「鈴鹿が生んだ医療界の奇才」淵田科理事長・淵田則次院長推薦!

ジャンル
自分史 医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344936270
判型
新書・144ページ
出版年月日
価格
990円(税込)

目次

序章 変わりゆく医療体系

第一章 医学部卒業前~医師一年生(大学院一年生)、大学病院研修 ――医師という仕事

第二章 医師二年生(大学院休学中)、市中病院研修 ――一般病院研修

第三章 医師三年生(大学院二年生)、大学病院専門研修 ――専門の選択

第四章 医師四~五年生(大学院三~四年生)、病理学研究 ――研究者のお手前

第五章 上京 お役人の経験 ――医学博士号取得後の進路

第六章 新たな展開 臨床医に戻る ――久しぶりの臨床現場

第七章 はぐれ外様医師の不満と反抗 ――理想と現実

第八章 望郷の念 三重に帰る ――地元で地域医療を

第九章 奮闘中 ――地域医療の組み立て

第十章 再考と軌道修正 ――経験に基づいたアレンジ力の洗練

第十一章 挫折と持病 ――強いられた休息と暗中模索

最終章 復活 そして未知の世界へ ――新たな展開と未来志向

内容紹介

臓器別に細分化された専門医療を「高さ」とするならば、総合診療医は「広さ」が特徴だ。

そのなかでも、肝臓病や消化器病を専門としながら守備範囲を広げ、

専門性と万能性を兼ね備えた「進化型総合診療医」を目指してきた筆者。

病院勤務にこだわり、地域医療への貢献のため邁進する日々を綴る回顧録。

■著者紹介

齋藤孝仁(さいとうたかひと)

平成8年3月金沢大学医学部卒業。医学博士。

元厚生労働技官(旧医薬品医療機器審査センターの臨床医学審査官)。

内科専門医、肝臓病専門医および消化器専門医を経て総合診療医に転身。

地域医療を展開すべく、平成18年10月、三重県に帰郷。

様々な内科系専門医や臨床系資格を取得して、進化型総合診療医を目指している。

現場対応力を重視して勤務医にこだわり、日々診療に従事している。

テキストのコピーはできません。