制作実績

ザ・学校社会 元都立高校教師が語る学校現場の真実

時代のうねりの中を駆け抜け

教育を支配する“巨塔”に対峙したある教師の回顧録。

ジャンル
エッセイ 学校教育一般
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344936263
判型
4-6・226ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

序章 教師を目指す

第1章 1校目 中部地区の専門高校

第2章 2校目 中部地区の普通科高校

第3章 3校目 中部地区の単位制高校

第4章 4校目 西部地区の定時制高校

第5章 5校目 東部地区の定時制高校

第6章 6校目 中部地区の普通科高校

第7章 7校目 西部地区の専門高校

第8章 8校目 東部地区の普通科高校

第9章 9校目 東部地区の専門高校

最終章 現役を去った今……

内容紹介

教育に燃えた20代

全力で駆け抜けた30代

何事にも野心的だった40代

学校現場と教育委員会の狭間で闘った50代

そして、肩書から解き放たれた60代

これからを担う世代へエールを込めて教師としての生き様を刻み込む!

■著者紹介

財前二郎(ざいぜんじろう)

1957年長野県生まれ。1982年4月より2018年3月まで36年間、都立高校の教員として勤務する。

全日制課程、定時制課程、普通科、専門学科等の様々な課程・校種、9校を経験する。

その間、進路指導主任、学年主任、教務主任、教育課程委員長、将来構想検討委員長などを務めるとともに、対外的には東京都教育委員会開発委員(2期)、文部省専門委員(3期)なども経験する。

なお、2004年4月より副校長として2校5年間、09年4月より校長として3校9年間、管理職として学校経営にあたる。18年3月、校長として定年退職を迎える。

テキストのコピーはできません。