制作実績

公立病院改革 地方独立行政法人化の有効性の検証

いち早く独法化した大阪府と、税金を垂れ流し続ける東京都。その違いとは――。

ジャンル
医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344936065
判型
B5・196ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

Ⅰ はじめに
Ⅱ 経営形態別比較
Ⅲ 作成資料
Ⅳ 経営評価の視点
Ⅴ 評価結果
Ⅵ 公立病院改革優良事例(総務省/公立病院改革優良事例集より)
Ⅶ 地方独立行政法人化後の現状(全国地方独立行政法人病院協議会作成資料)
Ⅷ 都道府県別・設置主体別に見た地方独立行政法人化の状況
Ⅸ 地方独立行政法人化反対意見の検証
Ⅹ 結びに
添付資料

内容紹介

東京が変われば、全国が変わる。
公立病院は独法化を!!
大阪府にできて、なぜ東京都にできないのか!?
地方自治体と住民の負担軽減のために。
公立病院の大改革を提言する著者による、10年間の調査・研究結果の集大成。
各種病院の経営実績分析表や実績比較表、貸借対照表比較表等の資料も多数収録。

■著者紹介

堀口 陸夫(ほりぐちむつお)
昭和26 年生まれ。東北大学教育学部卒業。昭和50 年~平成23 年まで群馬県庁に勤務。

県庁退職後は平成23 年~29 年まで民間会社(病院や福祉施設を運営するグループ法人を統括する

会社)に勤務し、民間病院の経営改善アドバイザー業務などに従事。

現在無職。県職時代は旧姓:石橋。
著書『群馬県の県立病院改革はなぜ進まないのか?』『公立病院改革の闇』

テキストのコピーはできません。