制作実績

この走りを見よ! 熟年鈍足ランナーの47都道府県マラソン大会参戦記

苦しくて何度も歩いた。

でも諦めなかったからゴールできた。

歩いても、止まらなければけっこう進むのだ。

走った都道府県を数えると27調べてみると2年3か月で残り20県を走れる最後の最後に予期せぬ事態。

続行するか、諦めるか。

校内マラソンで100人中99番だった男が全国制覇するまでの渾身のドキュメント。

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344935884
判型
4-6・268ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

47都道府県制覇という目標は達成した。

達成したということはゴールしたということだ。

ゴールは次へのスタートでもある。

人生100年と考えると、まだ2/3を終えたばかり。

残りの人生は1/3もある。

40年の会社員生活を終え、やっと手にした貴重な時間。

妻の介護だけで終わりたくない。

有意義で充実したものにしたい。

次は何を目指そうか。

■著者紹介

原田剛(はらだつよし)

1953年兵庫県龍野市(現たつの市)に生まれる。

龍野高校から神戸商科大学(現兵庫県立大学)に進み、1976年製造業の会社に就職。

在職中は主に営業部門を担当。体力復活とストレス解消を目的に49歳で走り始め、

市民マラソンに出場するようになった。

2015年に62歳で退職。退職した翌年にマラソンでの47都道府県制覇を思い立ち、

66歳直前で達成した。

現在、フルマラソンの完走は115回、100kmウルトラマラソンの完走は27回。

2019年に妻が交通事故で介護が必要な体になり、妻の介護とマラソンの両立を模索している。

前著に、退職直前の18日間で3つのマラソンと自転車での台湾一周を綴った挑戦記

『辞める前に有給休暇で走ってやる!』(幻冬舎)がある。

テキストのコピーはできません。