制作実績

ピカ・ドン(原爆落下)とマリリン・モンローを見た少年M

今なお脳裏に焼き付く稀有な記憶を

生き生きとあざやかに描き出す

「小説より奇なる」真実の記録

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
今子正義・著 さやまさや・絵
ISBN
9784344935372
判型
文庫・232ページ
出版年月日
2021/07/16
価格
600円+税

目次

序章

第一章 少年M

第二章 ピカ・ドン

第三章 マリリン・モンロー

内容紹介

ピカ・ドン(原爆落下)の光景とマリリン・モンローの実物の両方を見た――。

最近ではその話題に触れると、……やっぱり、こいつ認知症にでもなったのではないかえ?

と、疑いの目を向けられそうだ。

何としても生きているうちに駄法螺(だぼら)吹きのイメージだけは払拭したいし、

ささやかな名誉だけは挽回しておきたいと思うようになった。

(本文より)

■著者紹介

今子正義(いまこまさよし)

1937年、広島市小町(現中区)生まれ。

早稲田大学第一文学部演劇科卒業。

大映東京撮影所助監督兼シナリオライターとして活躍。

映画「新高校生ブルース」「遊び」、テレビ「ザ・ガードマン」「シークレット部隊」などの

シナリオを書く。

その後、損保全社出資の大手保険調査機関で管理・経営に携わる。

著書に『棘のある視線』『黒い保険金』『小説・保険金詐欺』『モラルリスク常習者たち』

『自殺保険』『修道高校完全優勝への熱戦記』『ファイナル・ステージの怪』

『原爆少年サッカー魂』など。

挿絵 さやまさや

テキストのコピーはできません。