制作実績

近視から子どもたちの目を守れ! 近視と闘い続けた眼科医からのメッセージ

近視と闘い続けた専門医が、眼科医家族の奮闘記、近視の最新情報と治療法の紹介、

目についてのQ&Aなど、子どもの目を近視から守る方法を網羅する!

ジャンル
ドキュメント 医学・薬学 暮らし・健康・子育て
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344935310
判型
4-6・170ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

「目に限らず病気について考えることには、どうしても不安がつきまといます。
その不安を少しでも和らげつつ、正しく知っておくべきこと、これからできることについて、

たくさんのことを伝えられたらと思います。
近視になるとはどういう事なのか。そして"目のこれから"について。
希望を持って、前向きな気持ちで。
さぁ皆さん、ご一緒にじっくりと見つめ、考えて参りましょう。」

(「はじめに」より)

 

眼科医家族が体験した、知られざる近視の真実

●遺伝は、近視発症の“先天的な要因”になる。
●環境の負荷という“後天的な要因”もある。
●メガネ・コンタクトで近視を矯正しても、根本的な解決にはならない。
●子どもの近視進行を抑制する治療法がある。
●“諦めずに早めの治療をする”時代になってきている。
●子どもの近視進行を食い止めることは、子どもの将来の目を守ることになる。

■著者紹介

木下望(きのしたのぞみ)

医学博士・眼科専門医
1995年 自治医科大学医学部 卒業
    兵庫県立淡路病院 初期研修医
1997年 美方町国保大谷診療所 所長
1998年 公立村岡病院 内科 医員
2000年 自治医科大学附属大宮医療センター 眼科 後期研修医
2002年 公立和田山病院 眼科 医長
2004年 自治医科大学附属さいたま医療センター 眼科 助教
2012年 自治医科大学附属さいたま医療センター 眼科 講師
2021年 医療法人クラルス はんがい眼科新宿センタービル 院長

テキストのコピーはできません。