制作実績

小林秀雄の思想 —より自由な人生のために—

天才は何を考え、何を語ろうとしていたのか

ジャンル
評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344935112
判型
4-6・254ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

はしがき
小林秀雄論――方法としての常識
ベルグソンと本居宣長――小林秀雄が取り結ぶもの
菊池寛対夏目漱石――小林秀雄の見立て
絶筆の正宗白鳥論について――「自己」とは何か
柄谷行人論――批評のデカダンス
(付録)新しいコンピュータ幾何学について

内容紹介

天才は何を考え、何を語ろうとしていたのか

難解であることで有名なその著作を紐解き、
思想の魅力に核心の光を当てた、小林秀雄論の金字塔!
世界的な文芸評論家の神髄が、いま明らかになる――。

■著者紹介

西石垣見治(にしいしがきけんじ)

昭和二十五年生まれ。

京都大学法学部卒業。

テキストのコピーはできません。