制作実績

心で、つなぐ命

いま、ここで語り継ぎ、残していくべきもの

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
又木義人・著
ISBN
9784344934771
判型
4-6・188ページ
出版年月日
2021/05/28
価格
1300円+税

目次

はじめに
第一章 日本に宿った命 
第二章 変わりゆく日本 
第三章 人が生きる時代 
第四章 受け入れる命運 
第五章 人の独立と交流 
第六章 それぞれの歩み 
第七章 若い二人の意思 
第八章 つながる気持ち 
第九章 命を抱き寄せる 
おわりに

内容紹介

昭和の戦火と復興の辛苦を生き抜いた市井の人々の姿と思い――。
どのような時代背景にあっても、人は生活し、愛し、命をつないでいく。

自分が、この社会が、どのような連鎖のもと存在しているのか、

父の人生からたどるヒューマン・エッセイ。

「金銭的絶望の淵に立っている民を見放してしまう政治と金持ち達。
これが日本であっていいはずが無い。そんなんでは伝わらない。

ここで伝えたいのは戦争で辛苦を舐めた、

その時分の子供の「小さな心」、決して良くはなかった青春の「想い出」、

成人を迎え自分に課する「使命感」なのである。」 

(本文より)

■著者紹介

又木義人(またきよしと)

福岡県立福岡高等学校、明治大学法学部法律学科卒。

 

昨日、新幹線で本著を制作するのにパソコンに没頭していたら、

それを覗き込んでいたのか、乗り合わせた隣の青年から「オジサン」と話しかけられた。

突然で誰の事かなと一瞬当惑したが、まさしく自分の事だ。
その出会った青年の目には「ウサギの眼」と相通じるものを感じた。
古代ローマ帝国時代の落書きには「今の若い連中は…うんぬん」とボヤキが記されている。

その言い回しは時を経ても繰り返され、今のご時世でも不変である。

しかし青年たちの「タカラモノ(個性・才能)」が、

次の時代に向けるその「眼」を輝かせ、動き出してくれるはずだ。
私は、奈良の西大寺に不定期ではあるがよく足を運ぶ。
そこには、優しい目をしずかに輝かせた「善財童子」が

手を合わせ少し前に歩み出そうとしている像がある。

テキストのコピーはできません。