制作実績

全部、山が教えてくれた

「人」と「山」の共存方法を探る。

ジャンル
生活・暮らし
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344933699
判型
新書・182ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第1章 森林の本当の価値について

第2章 高学歴の人が就職してくれるような林業に

第3章 山で働くということ

第4章 山の楽しみ方について

第5章 樹木の有効活用について

第6章 山の年中行事

第7章 林業の未来と森林環境税

巻末インタビュー 林業再生への道とは

内容紹介

日本の林業従事者数は、三十年で三分の一以下に減ってしまった。神奈川県内で森林整備・管理の続ける山のプロが、問題を抱える日本の林業の「これから」を展望。山の仕事をするうえで大切なことを語りつくす。山林の魅力や存在意義、楽しみ方も紹介。地球環境を考えるためにも役立つ一冊。

■著者紹介

髙橋正二(たかはししょうじ)

株式会社高橋林業 代表取締役神奈川県出身。山梨県庁で30年間、林道の設計や測量に従事。退職後、帰郷し、森林組合の参事を2年間務めて、林業への知識を深める。49歳で独立し「高橋林業」設立。経営基盤の強化と手厚い福利厚生の充実を図り、人材育成にも注力。林業のイメージ刷新に意を注ぐ。

テキストのコピーはできません。