制作実績

非読書家のための読書論

エッセイストの医師が語る、人生を豊かにする本との向き合い方。

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344933262
判型
4-6・240ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第1章 なぜ本を読むのか? 本の意味
第2章 どうやって本を読めばいいのか? 本の読み方
第3章 本とはいったい何なのか? 本への考え方
第4章 本にまつわる暮らし方とは? 本と共に歩む

内容紹介

■著者紹介

小鷹昌明(おだかまさあき)
南相馬市立総合病院附属小高診療所・所長
神経内科医・社会活動医・エッセイスト。

一九六七年埼玉県に生まれる。

一九九三年獨協医科大学を卒業し、同大学病院に勤務中、東日本大震災発生。

震災の翌年、福島県の南相馬市立総合病院に転勤する。二〇二〇年より現職。
二〇〇本の医学論文を執筆、採択されるなかで文筆に興味を持ち、医療エッセイを書きはじめる。書くという行為にこだわり、独自の視点でエッセイを書き続けている。

社会活動として、南相馬市で『エッセイ(を書く効用)講座』を開催中。

 

代表著書『医者になってどうする!』(中外医学社)

    『被災地で生き方を変えた医者の話』(あさ出版)

    『〈ものを書く〉ことについて考える』(幻冬舎)

テキストのコピーはできません。