制作実績

いち福 小さなだんご屋のはなし

今や地域に愛される名店となった『仙臺だんご いち福』の、優しい絆の物語

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
岩間隆司・著
ISBN
9784344933118
判型
4-6・156ページ
出版年月日
2021/05/28
価格
1300円+税

目次

第1章 華麗なる変身!?
第2章 だんごで勝負
第3章 不意に訪れた転機
第4章 支えたのはだんごと絆
第5章 だんご三兄姉弟の憂鬱
第6章 別れとはじまり
第7章 これからの挑戦
第8章 だんごが導く明るい未来

内容紹介

“家訓”を胸に、兄はバーテンダー、姉はパン職人、

そして私は美容師として自らの道を進んできた岩間一家。

そんなある日、大黒柱の父が病に伏し、

実家で営んできただんご屋の存続をめぐる家族会議が開かれて……。

■著者紹介

岩間隆司(いわまたかし)

1980 年 宮城県仙台市生まれ。

2000 年 「mod’s hair 仙台店」で美容師としてスタート。

2007 年 「chippendale vintage」を立ち上げ独立。

2011 年 東日本大震災を経験後「仙台国際美容専門学校」にて教員をする。

2015 年 父のだんご屋「いち福」に入社。

2016 年 父のだんご屋を引きつぎ兄姉弟3人で合同会社「仙臺だんご いち福」を設立。

テキストのコピーはできません。