制作実績

自然災害と大移住 ――前代未聞の防災プラン

「ゼロメートル地帯を湿原に」

大胆すぎる災害対策は意外と理にかなっている。

ジャンル
研究・評論
シリーズ
新刊
著者
児井正臣・著
ISBN
9784344932852
判型
4-6・176ページ
出版年月日
2021/02/24
価格
800円+税

目次

はじめに

[1] 大移住のすすめ

[2] 増えすぎた空き家

[3] 実現可能性を探る

[4] 日本の経済を蘇らせよう

おわりに

解説(藻谷浩介)

内容紹介

豪雨災害が年々甚大化している今、場当たり的でなく根本的な対策が喫緊の国家的課題だ。

しかし、実際に誰が何をするべきかという議論は進んではいない。ならば、言おう。

東京に湿原を――意識を変え、創造的未来を。

水害の恐れと同時に、日本が抱える「空き家」問題まで一気に解決するプランを、日本人に問う。

解説:藻谷浩介。

■著者紹介

児井正臣(こい まさおみ)

1945年1月19日 横浜市で生まれる。1963年3月 東京都立両国高校を卒業。1968年3月 慶応義塾大学商学部を卒業(ゼミは交通経済学)。1968年4月 日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。1991年12月 一般旅行業務取扱主任者主任補の資格を独学で取得。2004年12月 日本アイ・ビー・エム株式会社を定年退職、その後6年間同社の社員研修講師を非常勤で勤める。著書『地理が面白い―公共交通機関による全国市町村役所・役場めぐりの旅』(2005年・近代文芸社)、『ヨーロッパ各停列車で行くハイドンの旅』(2010年・幻冬舎ルネッサンス)

テキストのコピーはできません。