制作実績

マドンナの宝石

学⽣時代のマドンナが連れ⽴っていたのは、かつて彼⼥に、フィアンセ殺害の容疑をかけられた男だった――。
美貌の⼥性と⼤学時代の親友の不可解な結婚の謎に迫る、優雅で奇妙なミステリー。

ジャンル
ミステリー 小説 SF
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344932814
判型
文庫・408ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

奇跡の味
マドンナの宝石
ブラックウイドウ
リア王の遺言状
退化器官
宗矩と武蔵

内容紹介

SFから時代⼩説まで、多彩なタッチで描くミステリー短編集

“過去”に隠された謎を解き明かす『マドンナの宝⽯』
元警部が追い続ける迷宮⼊り事件『奇跡の味』
殺⼈事件の犯⼈逮捕後に⾒えてきた⼈間模様『ブラックウイドウ』
ワンマン総帥の遺⾔状をめぐる事件の真相『リア王の遺⾔状』
⼈⼯知能を搭載し⽕星に居住した⼈々の盛衰『退化器官』
柳⽣宗矩と宮本武蔵――⼆⼈の間にあった⾒えざる戦い『宗矩と武蔵』

■著者紹介

ヘンリー川邉(へんりー かわべ)

1939年京城(現ソウル)生まれ
1941年~ 1945年 北京在住
1957年福岡県立田川東高校(現東鷹高校)卒
1962年九州大学理学部数学科卒
日本IBM入社後はシステムズエンジニア、プロジェクトマネージャ。
そのかたわら、コンピュータ犯罪をテーマにしたミステリーを執筆。
1993年『プロトコル』で日本推理サスペンス大賞最終選考、1995年『ヒポクラテスの
柩』で江戸川乱歩賞最終選考、2003年新風舎出版賞フィクション部門優秀賞。
著書に『ヒポクラテスの柩』、『リスク管理の秘訣』ほか
現在BSIグループジャパン(英国規格協会)において、ISO9000(品質)主任審査
員、ISO14000(環境)主任審査員、ISO27000(情報セキュリティ)主任審査員。

テキストのコピーはできません。