制作実績

HOOD 私たちの居場所 ―音と言葉の中にあるアイデンティティ―

肌の色は違っても、みんな赤い血が流れている

ジャンル
エッセイ 単行本
シリーズ
新刊
著者
新道有美・著
ISBN
9784344932784
判型
4-6・208ページ
出版年月日
2020/11/26
価格
1200円+税

目次

はじめに

CHAPTER1 ANOTHER NEW YORK

CHAPTER2 STREET

CHAPTER3 HOOD LOVE

CHAPTER4 HIP HOP

CHAPTER5 AMERICAN DREAM

おわりに the Belly of the Beast ~社会とのつながりを求めて

内容紹介

ヒップホップに導かれて渡ったアメリカで目にした様々な現実現代の「個」の在り方を問いかける

リアル・ストリート・エッセイ。

茶色いレンガ造りの集合住宅が何棟にも連なる空き缶や菓子の袋などが散乱するストリート、

窓には銃弾の痕階段や壁には落書きと誰かのTag Name部屋からは人々の話し声や笑い声。

ときに怒鳴り声テレビやラジオの音、食器を鳴らす音そして大音量のラップが漏れてくる。

ニューヨークにあった、黒人音楽の深淵ともう一つの景色。

■著者紹介

新道 有美(しんどう ゆみ)

短大で英語学専攻、大学編入後、心理学専攻、大学院にて社会学専攻。
研究テーマはブラック・カルチャー、ヒップホップとアイデンティティ。
大学院単位取得退学後、単身ニューヨークへと渡る。
NYU(ニューヨーク大学)ALI(American LanguageInstitute)2セメスター終了。
その後、朝日新聞インターナショナル社(ニューヨーク支社)にてインターンシップ活動を開始。
その傍ら、朝日新聞ウェブ上(アサヒコム)のマイタウンUSAにてコラム“Ghetto Life in New York(2001年)”を2年間連載。
講談社「月刊現代後継ノンフィクション新機軸メディアG2」ウェブ上にてコラム“ヒップホップの生地を歩く(2012年)”を連載。
著書に「NY発ヒップ・ホップリポート HEART OF THE CITY 取り残された地区GHETTO」(2003年、文芸社)。

テキストのコピーはできません。